So-net無料ブログ作成
検索選択

与党3党、会期延長も選択肢 (産経新聞)

 与党3党は6日の国会対策委員長会談で、郵政改革法案など重要法案の今国会成立を確実にするため、6月16日までの今国会の会期延長も選択肢の一つとして検討していくことで一致した。

 会談で社民党の照屋寛徳国対委員長が「残った法案の審議状況をみると会期延長も視野に入れるべきだ」と言及。民主党の山岡賢次国対委員長も一定の理解を示した。

 会期延長がなければ、公職選挙法の規定で「6月24日公示、7月11日投開票」となるが、会期を2日間以上延長すれば、投票日は7月18日以降になる。

【関連記事】
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判
「郵政改革は法案作成過程で議論を」 岡村正日商会頭
“集票マシン”だ!亀井氏、2000万円で100万票ゲット
郵貯上限限度額、引き下げに慎重 大塚副大臣
地銀など戦々恐々 ゆうちょ銀が住宅ローン本格参入?
「中国内陸部の資源事情とは…?」

シャトル 「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
アフガニスタン 不明の常岡さん グルジア取材でも拘束(毎日新聞)
大阪の建築士が構造計算書偽装=119件の関与物件調査−国交省(時事通信)
<将棋解答>第1301回 解答(毎日新聞)
空を流れる黄河があった(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。